My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« 休み中に観た映画&DVD | Main | 定義してみる: CLトレーニング »

Sep 17, 2005

Time to Move On

上司兼同僚のRが、7年半の駐在を終えてイギリスに帰国する。(実際私が一緒に仕事をしたのはそのうち3年半くらい。本当にお疲れ様でした。)
社内の送別会とは別に、最後にRの呼びかけで、彼のガールフレンド、J、ヒヨコの4人で食事(とってもおいしいトラットリアでした。Posh なお店だと、ワインが高いと不満を言いつつも、ボトルを頼んでくれました。)& Shot Barへ(さっぱりしたくて、ミモザっていうシャンパンベースのカクテルをいただいたのですが、これって、アメリカの女性は朝食に(!)飲むんですって?知らなかったよ~!でもなんか、粋っていうか、オシャレね)。

直接、もしくは間接的に、彼から学んだことは多々あった。印象に残っているのは、
1. 常に前向きに考えること。悪いほうばかりを見ないで、どうしたらできるか、うまくいくか、に注力する。
2. 人に対するレスペクト、という考え方。どんな人に対しても、Minimum respect は持つべき。ちょっとした挨拶もそこからスタートするし、質問に誠意を持って答えることができるのだと思う。レスペクトを受けたかったら、自分がまず相手をレスペクトする、ということ。
3. 効率よく仕事をすること。そのためにいろいろ工夫することはOK. 仕事を任せたら、あとはどんなふうにやってもいい。(大局を見て小事にこだわらないというか)
4. イギリス人特有の、ちょっとシニカルなユーモアのセンス。いつも、なんとかうまく切り返したかったが、なかなか難しく、歯が立たないことの方が多かったかな。でも、ジョークだよ、っていうのはすぐわかったので、目くじらたてることなんてなかった。
5. 非常に論理的でドライな考え方。これは私に欠けていることだったので、それに気がつかせてくれた。普段の会話の中で、なんでも一般化することってありませんか?そうすると、結構(面白がって)ズバッと突っ込まれました。目からウロコというか。感謝。

彼は滞在後期、日本語も相当達者になっていて、ほとんど会話には困らなかった。
時々、日英チャンポンで話されるのには多少閉口したが(だって、本人は「カンセイ(完成)」って言ってるつもりなんだけど、”Cancel” に聞こえて、どーにも話が通じなかったりね。私はだから、私と話すときは、日英どっちでもいいから、どちらか一方で話して!どっちかで話し始めたら、それで最後まで通して!って頼んでました)。
また、驚くほど、日本人のビジネスのやり方や慣行(本音と建前など)をよく理解していて、各Mgr 達の仕事のやり方や特徴までも、しっかり把握していた。よっく見てるなー、と、感心したものだ。

それから、私が子育て中でなんとか仕事とやりくりしようとしていることや、私が置かれている立場・状況もよくわかってくれていた。
Face-to-face で、きちんと事実を話せば、大概のことは理解してくれた。
なぜか、彼と話すときは感情的にならずにすんだのだ。英語だったからなのか、わからないが、Stay cool; don’t panic. ということを、彼自身の態度から学んだのかもしれない。
’he can be discreet’ なんていう言い方も、印象的だった。(はあ~、こういう状況で、こんなふうに使うのね、みたいなね。)

社内では、彼のことを、時にアグレッシヴ過ぎるとか、なんでも首突っ込みすぎるとか、陰口を言ったり実際煙たがっていた人がいたのは知っているし、いわゆる変人扱いされていたのも知っている。
一方で、電話会議やWSなどでは、「やっぱり向こうに通じるように説明してくれるから助かってるよ」と言う人がいたのも確か。スペックの内容の矛盾点に気がついて指摘して、エンジニアから感謝されたりもした。
なんだかんだ言って、もちつもたれつだったと思う。でもまさか、自分の身近な人たちに周到に根回しされて、the last sting を受けるとは思わなかっただろうな。しかも自分で調べてその裏工作にも気がついていた。最後まで、あることに関してminimum respect がない、と憤慨していた。

最後に、いつかイギリスに来ることがあれば、クリスマスの頃がいいよ、とてもきれいだから、と言ってくれた。
イギリス、いつか行ってみたいなあ。
The time has come for him to move on. Thanks for his support, kind understanding, and for everything.

« 休み中に観た映画&DVD | Main | 定義してみる: CLトレーニング »

Comments

お忙しい中、書き込みへのコメントありがとうございました!

ヒヨコさんはなんでも箇条書きでうまく整理なさっていますね。感心です。私も見習わなきゃ。

ところでminimum respectで思い出しだしたのがDale Carnegie の"How to Win Friends and Influence People":

Principle: Always make the other person feel important...
The desire to be important is the deepest urge in human nature...
Almost everyone considers himself important, very important..

どんな相手にも敬意を払って接するって大事ですね。そのためにも、この本にもあるけど
”I'm sorry to trouble you.""Would you be so kind as to...""Won't you please"てな表現をめんどくさがらずに使わなくちゃ、と思っています。

私もヨーロッパはクリスマスの時期が一番好きです。寒いけど。

とうとう帰国するんですね。話にはきいていたものの。彼の存在は賛否両論でしょうが、でもやはりヒヨコさんと同じように、わたしも学ぶことが多かった。わからないことを聞けば、丁寧に教えてくれるし、プライベートであってもフランクにジョークも話せる、結構いい奴でした。最後に、いやな思いをさせて帰国させるのは本当に悲しいですね。ママさん通訳さんのDale Carnegie の言葉もっともだと思いました。年齢、国籍、性別が違っても、彼の言葉はあてはまると思います。ちょっと悲しい結末で、胸が詰まりました。昔同じ職場で働いたことがあり、子育て真っ最中なので、懐かしくも寂しくもある話でした。

ママさん通訳さん、
あら、思わぬところでお褒めの言葉をいただき、照れちゃいます。
実はね、ブログ再開にあたり、ダンナから、ブログにあんまり時間をかけないよう厳重注意を受けているんです。
なので、できるだけ、短く簡潔に書くよう、決心。一応。苦笑。
今回のように、仕事で比較的長く関わった人だったので、いろいろ思い出して、短くしようとしても結局長くなってしまいました。
読んでくださって、ありがとう、という感じです。

Dale Carnegie 氏の言葉、いいですね。
逆の立場で、自分がこんなふうに扱われたら、(あなたのことを大切に思っていますよ。今、あなたのことを見ていますよ。というふうに接してもらえたら)、きっと嬉しいし、気持ちがいいですよね。
こういう、誰に対しても小さな敬意を持つって、大事ですよね。忙しいのを理由に流されがちになるけど、こういう気持ちは忘れないようにしたいですね。

エリカママさん、
うわー、とうとうコメント入れてくれたんですね!嬉しいです♪

そうなの、本当にいろいろ(!)あってね。
表面的には和やかに終わりました。でも内情と心情をわかっていただけに、ちょっとね・・・。
でもね、もうすんだこと。前を向いていくしかない。これも彼自身が言っていたこと。

別に相手を声高に非難したり糾弾するんじゃなくて、面と向きあって冷静に話し合えば、問題解決の糸口もあるだろうし、水面下でいろいろ工作するなんていう余計なエネルギー使わずにすむのに。ねぇ?

とにかく、いつも、建設的に、さわやかな気持ちで、仕事したいっす。祈

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75103/5978664

Listed below are links to weblogs that reference Time to Move On:

« 休み中に観た映画&DVD | Main | 定義してみる: CLトレーニング »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!