My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« May 2005 | Main | July 2005 »

Jun 18, 2005

憧れの、スラスラ・サイトラ

言い直さない。即断即決。

サイトラ、時間があるときに練習している。
最初の頃(今年の2月頃)は、全くスラスラできなかった。だいたい、どこで切ったらいいのか見極めるのが、意外と難しかったのだ。スラッシュを適宜自分で判断しながら入れなければならないが、それがうまくできなかった。文が長く、複雑になればなるほど、難しい。それで、苦手意識があり、練習をサボるようになっていた。
しかし、5月頃から、少しずつでもやろうと、思い切って再開した。(本当に少しずつです)

通勤電車の中でブツブツ・・・(端から見ると、すごーくヘンな人です、ワタシ)。
愛地球博の行列待ちでも、ブツブツ・・・(後ろに並んだカップルが変な目で見ていたような気がする)。
あまりないけど、自宅で時間があるときに、ブツブツ・・・
時々、ダンナに、「ね、ちょっと、聞きたい?」
夫 「えー?・・・(内心、迷惑。)」
私 「聞きたいよ、ねっ?」(ある種の脅迫)
夫 「(内心、「えー?なんで聞かなきゃいけないわけ?俺だって自分のやりたいことあるのに・・・。はっきり言って迷惑なんだよ。自分でやれよ。」)・・・う、うん・・・」(渋々、承諾)

かくしてダンナは、時間をとられて、私のへたっぴなサイトラを嫌々聞かされ(ちなみに夫は英語とは全く関係のない職業)、

「(首をかしげたあげく、)もーちょっと、がんばろー」(これは全くダメだったときのコメント)
「大体、意味はわかったけど。」
「なんか、言いよどむのが気になるなー。」
「時々言い直してるけど、言い直してもほとんど意味は変わってないし、だったら言い直さないほうがいいんじゃない?」
「『命の危険に侵される』じゃなくて、『命の危険にさらされる』、だろーが。(アホか、お前は)」
「途中で詰まると、聞きづらいよ。もっと流ちょうに出せない?」(トイレの話じゃないっす)

等々、あきれつつも手厳しいコメント。私のサイトラ聞かされるのが本当に嫌みたいなので、最近はあまり脅迫してない。

それでもやっと最近、スラスラではないけれど、どうにかこうにか、頭から訳を出せるようにはなってきた。
ただ、まだ時々言い直してる。
一目でつかむスパンが短いと、and の前の切り方を間違えたり、関係代名詞の後が意外と短かったりして、やっぱりつなげて訳した方がいいか、と思い直したりして、言い直してしまった。
んが!しかし、やはり言い直しは許されないのであった。

nさんやimoさんがおっしゃるように、サイトラは大切なのだ。ここへきて、それを再認識した。
うまく言えないが、サイトラをやった方が、たとえばエッセイならその内容が、きちんと理解できたような気がする。
それから、言い直しが許されないとなると、いったん言い出したら、何が何でも、それで文をつないで完結させなければいけない。これは結構大変だけれど、日本語力が動員される。
ふー・・・。で、サイトラやると、意外と脳みそが疲れるんですね。日本語で疲れるなんて、ホントにワタシ、純国産なのに。

Jun 10, 2005

シュートミスの後

最近大事だと思うのは、自分を信じること。自分に自信を持つこと。
なーんだ、と言われそうだけれど、実は私は誤訳をするたびに、落ち込んで、自信を失くしそうになる。やっぱり能力がないんじゃないか、プロには程遠いぞ、こんなんじゃ無理だよー、とかね。
でも、ここで昔のように、自分勝手に能力の線引きをして、あきらめてはいけない、と言い聞かせる。新崎先生も書いてらっしゃった。自分の中の‘芽’を育てるのは、他でもない、自分自身なのだ、と。

間違いは誰にでもある。間違ったら、そこから学べばいい。
たとえおバカな間違いをしたとしても、決して気持ちを引きずらない、落ち込まないこと。
松井だって、ホームランいつもいつも量産してるわけじゃない。野茂だって、いつもいつも奪三振してるわけじゃなく、打たれてノックアウトされることもある。
小野だってケガをする。玉田や大黒のうつシュートが常に全て決まるわけではない。DFが乱れた隙にシュートをうたれて先制点をとられたりすることもある。トップクラスのアスリート達でさえ、ミスはする。
でも、アスリートたちはピッチでうなだれていたか?否、そんなヒマないのだ。常に、次、顔を上げて、次、どうするか、どうボールを持っていくか、常に次を見て考えて、行動しなければならない。落ち込んでるヒマなんかないのだ。大黒選手が言っていた。
「2本ミスしたんでね、次は絶対決めようと思ってました。そのことしか考えてなかった。」

ミスは誰にでもある。ただその割合を減らしていくようにする。そして次こそ、もう少し、精度を上げるぞと、心に誓う。

Jun 03, 2005

Moving forward

自分は、どうありたいのか。
人間としてどうありたいのか。生きたいのか。
家庭と仕事と趣味のバランスを、どうとっていくのか。
ふと、考えてしまう。残された時間と、自分ができること。

以下の英文は、引用です。

Focus on desired results.

Expect a lot of yourself. Not a pipedream, but expect a lot, and expect to get it. It can be easy to overtrain, overcommit, and overwork if your expectations are too much. GO WITH THE FLOW.

Spend your energy on moving forward, finding an answer.

Think in positive terms and you will achieve positive results.
According to Marcus Aurelius, "A man's life is what his thoughts make of it."
Take the steps to remake yourself through positive reinforcement.

振り返るより、前を見つめて、すすみたい。
そう、前向きに。

有言不実行だった5月

1日3時間のトレーニング時間、全くとれなかった。
まず、朝練が全滅。実は体調がイマイチで、まだ軽い咳が出る。言い訳になってしまうが、睡眠時間を削ると、この咳が悪化する。ので朝連はギブアップ。
じゃあ夜は、というと、これが全くのながら族。8:45 の手話ニュースと、9:00 のNHKニュースで大きな話題をチェックして、10:00の二ヶ国語放送で、英語で何て言っているかを聴いただけ。これ、トレーニングと言うより、ただ聴いてるだけ。聴いてるだけだと、受身なので、脳みそがサボって働いてない感じがする。同通の練習はどうした?バテてる場合じゃない! リテンションや逐次の練習をもっとやらなくては、脳ミソが怠けるー!

トレーニングは週末に一度、2時間くらいやっても、x4回で8時間。圧倒的に少ない。通訳学校に通っている人は、毎回相当な量の宿題が出るらしい。一日の勉強時間も全然違う。
筋トレは、週一回だと、当座の筋力の維持にしかならない、とのこと。週に3回くらいやると、筋力アップになるそうだ。
通訳トレーニングも当然、週1回だと、現状維持にしかならない。(つまりへたっぴなまま。)毎日、もしくは隔日でやらないと、いつまでたっても自分の望んでいるブレイクスルーはこない。(ため息)
なんだか、自分で自分を追い立てないと、ダメだな。体力との兼ね合い。
ため息ついてる場合じゃない!(笑) クヨクヨ思い悩む時間を、ぜーんぶトレーニングにまわしましょ!

それでも、少しはやったこと:
VOA音読が、5月15日に、Story#40 までいって、やっと完了。お疲れ!次はBBCだ。
イディオム大特訓: Group 15まで。ちんたら~ペースです。まだ終わってまっしぇん
やさたく: レベル4-5 目指すは1日1冊ペースだが、全然できてない。日本語の本を数冊読んだため。
読めた記事: 6本(少なすぎる)
久しぶりに、「今日からあなたの英語は変わる」テープを聴いた。

1年前の5月の記録を見ると、
「1日3時間のトレーニング時間がとれない。朝練とお風呂サンドイッチ・トレーニングがカギ。」とかなんとか、書いている。1年前とほとんど同じ、反省調の記録。あんまり進歩してないのかな、とちょっとガッカリ?
やる気が毎日コンスタントに出るといいんだけど。ヤル気の泉のごとく、毎日絶え間なく湧き出てくるといいのに・・・。

« May 2005 | Main | July 2005 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!