My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« April 2005 | Main | June 2005 »

May 21, 2005

一意専心: 要・メンタルタフネス

悩みや雑念があると、基礎トレに集中できない。
詳しくは書けないが、職場でちょっとした事があり、裏で画策したり、周到に根回ししたりする人々の、底意地の悪さにふと気がついてしまった。気がつかなきゃよかったのに、いろんな人から話を聞いて、大体ストーリーがわかってしまった。表面的には明るい人々だけに、かえって薄ら寒いものを感じてしまう。コワイよー・・・。ヒヨコ、平静を装いつつも、自分の心がゆがみそうになるのがイヤだ。そう、悩みは英語以外にもあるのだ。

電車の中などで、シャドウイングやリテンションの練習をしていて、この悩みや雑念が大きくなってくると、全く集中できないことに気がついた。うー・・く、悔しい。そういう、どーでもいいことに気をとられて、本来やるべき基礎トレができないなんて最悪だ。
プロになったら、そんなこと言っていられないはず。自分の体調管理も、精神状態の管理も、全部できて当然、まずいパフォーマンスの言い訳にはならない。
あー、おかしいなあ。ワタシ、本来は、いつもさわやかーな♪気持ちで仕事していたはずなのに。周りに振り回されるのって、ほんと、困る。雑念を払え!そうして、自分の精神状態を、常に安定させておかないと、ただでさえ少ない貴重なトレーニング時間が台無しになるんだぞ。
一意専心

何かで読んだのだが、自分の周りに起こることは90%変えられない。が、起きたことに対する自分の心の持ちよう、態度なら、変えられると。また、どんな事象が起きようとも、自分の気持ちを安定させるように、日頃からトレーニングする必要がある、と読んだことがある。そう、心の持ちよう、態度ですら、トレーニング次第で、安定した穏やかな精神状態を保てるようになれるのだ。

通訳や英語の基礎トレをやるためには集中力が何よりも必要。集中力が全てだと言ってもいいくらい。そして集中するためには、精神状態が安定している必要がある。常に冷静に判断してこそ、いい訳出ができるようになるのだ。
精神一到何事か成らざらん

と思って、もしかしてヒヨコには、メンタルタフネスが必要でないんかい?と探していたら、
9 Tips to Mental Toughnessというサイトを見つけた。 

負けるなヒヨコ。周りの出来事や一時の感情に振り回されてはいけない。貴重な練習時間(ワタシにとっては非常に少ない)がなくなってしまう。リラックスして、集中する。がんばれ、ヒヨコ。

May 06, 2005

River Runs Through It

「サイダーハウスルール」と同じくらい、静かに深く感動した。
ずっと昔から見たいと思いつつ、なかなか見る時間がなかったので、この連休中にやっとビデオを借りてきた。(去年12月の通検2級が終わったら見ようとリストアップしていた映画(ビデオやDVD)の、どれひとつとして、まだ観ていなかったのだ。)river_runs_through_it


モンタナの大自然の美しさももちろん素晴らしいが、やはり主人公の兄弟の人生・性格の違い・思いやり、お互いに対する感情の機微が、非常によく描かれていたのが印象的だった。好きな映画のひとつになりそう。
アクション映画が好きな長男なんかは、「これって、なんも(事件が)起きない映画?」と、何やら不思議そうな顔。何も大きなイベントが起きず、ただただ田舎の日常が描かれていく、というのが、映画的ではない、と感じたようだ。
ふっっ・・、おぬし、まだまだ若いな。この映画の良さがわかるには、まだまだ人生の修行が足りんぞ。なーんてね。でもまあ、大人だからこそ、味がわかる映画かもしれない。
そういえば、うちも一時期、父親と息子二人で、フィッシングにはまってた時期があって(フライではないが)、母(私)を置いて、男3人で川や湖へあちこち出かけていた(チビはただ兄ちゃんの真似してただけ)。だから、ちょっとだけ、映画の親子に彼らの姿を重ねたりして。

印象的だったのは、
弟が、「助けを差し出しても、それに気がつかないやつもいるんだよ」となにげに言うのを、兄がハッと何かに気がついたように弟をじっと見つめる。でもその弟は、後に、兄が自分に「助けを差しだそうとしているのに」気がつかず、それを拒否してしまう。皮肉だなあ。

この話は、昔、ホワイトハウスを見ていたとき、ジェド(大統領)が、死刑執行のゴーサインを出したことをものすごく悔やむシーンで、訪ねてきた神父が話す、信仰深い男のたとえ話を思い出させた。たしかこんなたとえ話だったと思う(細部はちょっとあやふやだが):
大洪水が起こって、中州(だったかな?)に取り残された信仰深い男が、泳いで助けに来た人に、「神様が助けてくれるから自分には助けは要らない」と言って助けを拒む。次にボートが助けに来るが、「やはり神様が助けに来るから大丈夫。」と。ヘリコプターが救助に来るが、同じことを言って、救助を拒む。結局、男は洪水にのまれて死んでしまう。天国に行って、男は神に向かって尋ねる。「どうして私を助けてくださらなかったのですか?」神は答える。「私は3度もお前を助けようと、人と、ボートと、ヘリを送ったのだ。助けに気がつかなかった、もしくはそれを拒んだのは、お前ではないか。」と。

身の回りの小さな幸せ、小さな幸運、人の好意、親切、「そっと差し伸べられる助け」に、気がつかなかったり、無視したり、かたくなに拒んだりしてないかな?

May 05, 2005

さわやかな気持ちで♪

風薫る5月、さわやかな気持ちで過ごせそう。

今月の目標: 聴解とメモ取りの同時処理をこなせるようになること。速読力アップ。
今月のテーマ: リラックス&集中&イメージ化。苦手なトレーニングは、やさしいマテリアルでやって、バランスよく練習する。

これまでと同様、基礎トレと通訳トレを、平行してやっていく。ミニマムは前月に同じ。やさたくはレベル4-5。
マックスは、メモ取り逐次は、引き続きNewsHour w/ JLで練習して、情報を落とさないよう訳出できるようになること。メモなし逐次は、昔のテープ(簡単なもの)やDLSで、やってみる。スクリプトに頼らず、リテインできるようになること。

刺激のない独学に限界を感じ、しかし通訳学校は時間的経済的に通うのが困難、このジレンマを解消すべく、TUE(東海大学エクステンションセンター)の、放送通訳体験講座に申し込んだ。5月11日よりスタート。全8回。ワクワク♪ 現役の通訳者の方々に直接お話いただけるチャンスなんて、そうめったにあるものではない。時間があれば記録を書くつもりだが、どうなることか、体力との兼ね合いもあるので、期待しないで待っていてください。(笑)

最後に、いつも心に留めておきたい言葉2つ:

“Chance favors the prepared.”
"While we may not be able to control all that happens to us, we can control what happens inside us." Benjamin Franklin

愛・地球博&ポケパーク

連休の前半、EXPO 2005 とポケ(モン)パークへ行った。名古屋で宿が取れなかったので、岐阜・長良川温泉で一泊。最近は親と行動しなくなった長男は留守番、次男だけ連れて。
連休で混雑するのはわかっていたし、愛地球博には様々な批判があるのも知っていたが、それでも行った。理由は以下の通り:

1.朝日新聞のDo 科学キャンペーンではないが、今年は、私自身、科学を身近に感じて、子供と一緒に理科や科学を学びたいと、「我が家の科学年」に、勝手に決めているから。

2.科学って、本やネットで調べるのもいいが、実際に体感したり実感できる場所やモノがあるのなら、そうした方がいいと思っている。科学音痴(ワタシです)にとっては、イメージしやすいし、小学生レベルからやり直すつもりで。

3.私の親は、そういう、博覧会のようなものに非常に批判的で、よって子供時代、そういったイベントには行ったことがなかった。一方、ダンナの親は、大阪万博に息子達を連れて行ったそうな(混雑覚悟で)。そしてダンナは、科学がもたらす夢と希望を、肌で実感したようなのだ。幼児・小学生くらいの子供が、批判することを覚えるのがいいか、科学や自然環境保護について何か感じるのがいいか、私は親として後者を選ぶ。

万博の非難や批判はご自由に。でも私は、EXPO2005 は今年しかやらないから、今しかできないからこそ、行くことを選んだ。ポケパークにしたって、下の子が行きたいと言わなければ行かなかっただろう。そして、この子が来年、行きたいと言う保証はないのだ。
また、うんちくばかり並べて、理屈をこねまわす子供よりも、実物でも映像でもいいから、実際に見て触って、何かを感じることのできる子供に育ってほしい、という親としての個人的な思いもある。

ちなみに、混雑は予想していたので、絶対見たいモノから先に、たとえ並んでも、あるいは整理券を入手して見て、時間の都合で、並ばずに入れるところを見てきた。
日本館、グローバルハウス(凍土から出た本物のマンモス、これは次男のリクエストで)、フランス館、スペイン館、アイルランド館(ハイクロスが印象的でした)、ゴンドラに乗ったり、楽しかったですよ~♪
残念ながら、予定していたロシア館は2時間待ちで断念、オーストリア館のソリも大人気で長蛇の列で断念、日立やトヨタ館も人気が高く、待ち時間が長くて断念。日本企業のパビリオンはどこも人気があり、長蛇の列だった。チケットがもう少し安くて、もっと近くに住んでいたら、何回か行って、パビリオンをもっと見たいなあ。

時々年配の方の中に、「昔はよかった。」「日本の将来は真っ暗だ。」「今の若いもんはろくなもんにならん。」等々、ひっじょーに悲観的なことを平気でおっしゃる方がいるが、そういうとき必ず私の心の中では、
「あのねー、それはごく一部を見て言ってるんじゃありませんか?今の子供達だって、将来に希望を持っていいはずだし、日本の将来真っ暗なんて、間違っても言ってほしくないです。だって、そういう日本を作ってきたのはあなた方大人でしょ?もっと誇れる部分もいっぱいあるんじゃないんですか?特に日本の科学技術は世界一といってもいいんですよ!」
と、心の中で叫んでいる。(笑)

May 03, 2005

マイ・自主トレ記録ノート

いつもブログには、月末と月初めに、達成率や反省と計画を、それぞれまとめてアップしている。私は、諸事情により、ブログの日々更新はできないが、毎日のトレーニング状況は、実は自分のノートに記録している(ブログには、そのノートの記録を見ながらアップしている)。
A4サイズの大きめのノートで、これはメモ取り逐次の練習や、即訳できない言葉などを書き留めておき、後で調べたりする、メモ代わりにも使うが、毎月初めに、その月の目標とサブ目標を書き込み、1日から30/31 日まで、縦に日付を入れ、ノートの1ページを、大体8分割して、上段に、一応、予定のノルマ*を書いておき、それをやったら記録(news story # などで)し、やらなかったら×印を記入するか、何も書き入れない。
4月は体調不良だったので、朝連の欄は×印がずーっと続いて、他もブランクの部分が多い。また、毎日ではなく、3日とか1週間の単位でまとめて記入することもよくある。

この「自己流ノルマチェック表」は、昔、英検やガイドの勉強をしていた頃からの習慣で、とにかくやるべきこと、やらなければいけないことが、あまりにも多すぎて、自分でパニックになりかけたのを防ぐ意味で、利用している。全体量を把握した上で、毎日やることを割り振り、チェックする。
*例えば4月のトレーニングノルマは、以下8項目だった。
1. 朝練、2. 音読&シャドウイング、3. 目外しサイトラor 音読逐次(友人とやるやつ)、4. イディオム大特訓&ビジ英(1日おき交互)、5. 速読(やさたく&むず少)(読んだもののタイトルだけ走り書きする)、6. メモ取り逐次、7. メモなし逐次、8. 問題集等。

この程度だが、実際は、これでも毎日やるのは無理!(爆笑)実際4月は、上記の予定のうち、朝練、目外しサイトラと、メモなし逐次練習は、全くでき(やら)なかった。ほとんど、ではなく、全く、ね。
なので、あまりノルマに束縛されないように、気持ちをラクーに持つこと(できなくてもしょうがない、と大らかに構える)、も大事かと思う(笑)。昔、ガイドの3次試験の前は、あまりにも準備ができなくて、もう、泣いてしまったくらい(「時間がない!」と泣き叫んでしまった)、つらくなったのを覚えているので。
それから、あまりキチキチに計画を立てないこと。うまくいかないと、自分を責めたり、落ち込んだりしてしまうので(笑)。ある程度、flexibility を持たせることも必要だと思う(子供が小さいうちは特に!)。他の人が1ヶ月でできることを、例えば私は半年とか、1年くらいかかってやっているが、それはそれ、比べても仕方がないので、「自分のできる範囲以内で、なんとかやる」しかないと思っている。

トレーニングができてもできなくても、このノートにつけるチェック表は、役に立っている。それは、日々仕事や家事で忙殺される中で、
「常に、トレーニングの目的を思い出す、意識する」
「とりあえず、何からやったらいいか、毎日その場で考えなくても(行き当たりばったりや思い付きではなく)、この表を見れば、何をやればいいか、すぐに思い出せるようになっている」からだ。

もちろん、平日は、トレーニングらしいことが何一つできない日もある(疲れた、体調が悪い、他の雑事が入った、等々)。それでも、つまりこの表がブランクだらけでも、構わないし、クヨクヨしない(笑)。その分、週末、何をやらなければいけないか、おのずとわかるし、練習に偏りがあるのもわかるから。
後(月末)で見直すと、「ここまでなんとか進んだ」と、カメの歩みだとしても、小さな達成感は、ちょっとした励みにもなる。また、翌月に繰り越す作業などもわかってくる。
というわけで、4月の遅れを取り戻すべく、なんつって、またまた、5月も、計画だけは大層なものになりそうな、ちとイヤな予感がする(笑)。けど、ダメ元で、計画立てちゃう。

社内の日中友好?

4月末、社内の中国人と、話すチャンスがあった(初めて)。
私が派遣されている会社は製造業なので、ご多分に漏れず、中国に工場を持っている。翻訳を頼まれた資料に、中国から送られてきたデータが含まれており、知らない漢字があったので、隣の部署にいる中国人のエンジニア(在日12年で、日本語ペラペラ)を紹介してもらい、漢字の意味をきいた。一通り、質問と回答が終わってから、ワタシは何を思ったのか(!)、おずおずと(でも思い切って)、「あのー、中国で反日デモがあったようですが、できれば、私達と仲良くしていただけるでしょうか。」と言ってみた。(なんじゃ?この質問は?)
すると、この中国人のエンジニアは、わざわざ立ち上がって、
「ああ、僕も、できれば、友好的にやっていきたいと思ってます。」(にっこり)
「ほんとですか?嬉しいなあ。」(ニッコリ)
「あんまり、ああいったデモがエスカレートするのはよくないと思っています。」
「そうですよね。私もそう願います。」
「あのデモの後、僕の(日本にいる)友達が、日本人に、石を投げられたとか、帰れ、って言われた人もいます。」
「それはそれでヒドイ・・・。せっかく日中の国交が回復して、中国と日本でたくさんの人が行き来できるようになったんですもの。せめて現場では仲良くしないと、大変なことになってしまいますよね。」
「たくさんの企業でたくさんの中国人と日本人が一緒に働いています。何かあったら、お互いに困ることになるのです。だから、大丈夫だと思います。」というような意味のことを言ってくれた。「また何かあったら、どうぞ。」とも。

それにしても、初対面の人に、なんちゅーことを聞いたんじゃ?あさりどん! おそらく、週末ごとに繰り返される反日デモを見て、やはり心のどこかで、漠然とした不安を感じていたのでしょうね。でも、せめて、現場では、彼の言ったとおり、友好的にやっていきたいものです。歴史問題、教科書問題、ガス油田開発問題、その他台湾・朝鮮半島問題等々、問題は山積しているし、一朝一夕に片づくものでないことだけは確か。だったら、私達一介の市民にできることといえば、現場の個々人同士で仲良くするとか、助け合うとか、そのくらいのことしかできない。友好は足下から。
Charity begins at home. Friendship starts at home.

May 02, 2005

4月の反省会!?♪

体調をくずし、睡眠をとった。よって、朝練・夜練はできなかった(涙)。でも毎朝お弁当は作った。
教訓:体調管理に気をつけること!喉は大切にしましょう。声が出なくても翻訳はできますが、通訳はできまっしぇん!
朝練達成率:3% 4/5は、朝4時半に起きてやったが、この後体調がガタガタになり、朝練どころではなくなった。咳はまだ少し出るが、体調はだいぶよくなった。
ミニマム: VOA音読(news #34まで)、やさたく:レベル3-4終わった(次へ)、ビジ英:火木金シャドウイング、イディオム:Group 8で止まったまま。
少ないけれど今月の成果: メモ取り逐次練習は、ABCニュースが終わって、NewsHour w/ JL: Overworked America? アメリカ人の「働き過ぎ症候群」 Section 1-5 まで。聴く回数は、できれば1回、最高2回までと決めている。聴解とメモ取りの同時処理(難しい!)については、稿を改めて書く予定。
読めた記事: 29本(E)、6本(J) 音読逐次 or サイトラできた記事: 4本

(以下、4月のビジ英より引用)

A failure is a man who has blundered but is not able to cash in on the experience. 人生の落伍者とは失敗を犯したものの、その経験を生かすことができない人のことだ。By E. Hubbard

Success does not consist in never making mistakes but in never making the same one a second time. By G.B. Shaw
Our greatest weakness lies in giving up. The most certain way to succeed is to always try just one more time. By T.A. Edison 私たちの最大の弱点はあきらめることにある。もっとも確実に成功する方法は、常にもう一度だけ試みることだ。

反省ばっかりして、前向きな気持ちになれない時は、失敗しても失敗しても決してめげることのない、ポケモンに出てくる、憎めない敵役・ロケット団の、次の歌を口ずさむようにしましょう♪(ニャースの声でね):
♪あの時こうしてこうすりゃよかったなー、ハイ、反省会、終わりー♪ (ポケモン・ロケット団の歌より)

« April 2005 | Main | June 2005 »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!