My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

« This is my prayer... | Main | 4月の反省会!?♪ »

Apr 28, 2005

落ち着きのある、堂々とした態度

小学校の先生から学んだこと。
先日、次男の小学校の授業参観&懇談会へ行った。クラスは持ち上がりで、担任の先生が替わった。長男・次男ともに、小・中・高で、多くの先生方にお世話になったし、なっているが、今年のこの担任の先生は、その中でも、one of the best teachers ではないかと思う。私は、一部のお母さん達のように、あまり先生のアラ探しが得意なほうではなく、どちらかというと、どんな先生でも、いいところを見つけられる方だと思っている。親の、先生に対するあからさまな不信感というのは、子供の、先生に対する態度に影響するような気がするからだ。よって昔から、先生の悪口や陰口で盛り上がる、一部のお母さん達の話には入らないか、テキトーにお茶を濁している。先生方の個性も十人十色。いいところは必ずある、と思う。
なので、すばらしい先生に出会えたときは、もう手放しでホメてしまう。仮に、今度の担任の先生をA先生としておこう。
A先生の素晴らしい点:
授業から感じたこと:
1. 堂々としていて、落ち着いている。やはり人前に立つ仕事柄か、「信頼できそう」という雰囲気がにじみ出ている。通訳としても、充分見習うべき。
2. 「ハイ、こちらを見てください。」とか、「はい、顔をあげてください。」と、子供達に注意を促してから、大事な説明をする。当たり前のようだが、先生方の中には、意外とこれをやらない、もしくは忘れてしまって、子供達がよそ見したり、全然聞いていないのに、説明を始める先生もおられる。A先生は、子供達の特質――楽しい作業に夢中になってしまう、ちょっとしたことに反応してしまう、ウケをねらっていろんなことを言う――をよくわかってらっしゃって、子供達を泳がせておく場合と、注意を促して要点を聞かせる場合とのメリハリが、非常にうまいと思った。工場などでやるアテンド通訳でも、「ここがポイントです。」みたいな、メリハリは大事だと思っていたから。指示を出すタイミングもグッド。
3. 今までいろんな先生方を見てきたが、先生の力量というのは、授業中、先生が質問を投げかけて、子供達が、様々な答えを返してきた時、それらをどのように扱うか、に、結構現れていると思う。子供って、発想が面白くって、いつも、先生が期待する、ドンピシャリの回答が返ってくるとは限らないし、時にはかなりアサッテな答を出してくる子供もいる(見ていて微笑ましいのですが)。そんな時、指導者である先生はそれをどう扱うか。よくあるのは、「うーん、ちょっと違うんだな。」とか、「うーん、そうじゃなくって・・・じゃあ、XXさん。(次の子を指す)」というあしらい方。もちろん、授業の流れで、こういう答えがほしい、というのは先生側にはあるだろう。でも、特に小学校低学年なんかだと、もう、みんな、目をキラキラさせて、張り切って手を挙げてるわけですよ(ワタシを当てて!ボクを指して!ってね)。それで、ドキドキしながら答えた末に、「それは違う」と、頭から否定されたら、結構ガッカリするんじゃないかな、と思うんですね。A先生の場合、こう答えました。
「うん、そうかもしれないね。」「それもあるかもしれないね。」「それも面白いね。」等と言ってから、「他に気がついたことのある人?」と言って、次の意見を求める。
ちょっとしたことだが、私はオッと思った。A先生は頭ごなしには否定せず、いったん子供の言ったことを受けとめている。これって、簡単なようで、実はとっても難しい。(私たち親も未熟ですから、子供が突拍子もないこと言ったりすると、つい、「なにそれ」とか、「それは違うんじゃないの」みたいなキツーイこと、つい言っちゃったりしますよね(苦笑)。だからこそ、子供の発話を、いったん受け止めてやる、ってことが、意外にも難しいことがわかるわけです。) 
本当に、受け答えって、先生の人間的な魅力や力量が、はっきり出る場面だと思う。
懇談会で感じたこと:
1. 最初に、「伸び盛りの、活き活きとした子供達と一緒に過ごせることを、私自身、とても嬉しい、喜ばしいことと感じています。」と言ってくださった。ちょっとしたことだけれど、私は、こういう、先生ご自身が、どう感じているのかを伝えてくれる、それもポジティヴな響きがある言葉が聞けるのは、好きだし、親として嬉しい。小学校の先生は特に、「子供が好きで、一緒に勉強したり遊んだりするのが楽しい」という気持ちを持っている人だと、それが自然に伝わってくる。
2. 学年と、自分の指導方針をはっきりと、わかりやすく説明してくれた。
3. 忘れ物が多い、という話をされた時。先生は全て時間割も持ち物も伝えてあるし、連絡帳に書かせているので、学用品を忘れる、というのは、おうちに忘れてくるわけだから、やはりおうちの方に次の日の支度を手伝ってもらうか、本人が気をつけるようにする。子供を怒ったり、叱るのではなくて、忘れないような工夫を促す、諭す。
また、子供達が掃除がまだあまり上手ではなく、やたら時間ばかりがかかる、という話。「『(こんなことが)なんでできないの!』というような、人格を傷つけるような言い方はしないつもりです。でも、4年生ならこれくらいはできるかな、くらいのことは言います。これから少しずつ、私の方でも、時間をかけて、指導していきたいと思います。」とおっしゃった。こういうところにも、先生ご自身の姿勢(人格を傷つけるようなことは言わない、丁寧に指導していくつもりだ、といった)が現れていて、私は好感を持った。
書いていて思い出したが、私自身が小学生(3,4,6年生)の時も、one of the best teachers に教わったのだが、この先生も、常にユーモアのセンスを忘れない、忘れ物をしても怒ったりせず、忘れ物をしないような「工夫」をいつもされていたと思う。子供心に、人間的な温かみと心の広さ、包容力を感じていた。

私はまだ公的な場での通訳というのは経験がないが、(昔ボランティアで、市の青年会議所主催のアジア友好パーティー?の司会はやった(というかやらされた)ことがあるが、他は通訳ガイド(でもこれは観光案内と添乗業務がメイン)と、社内のアテンド通訳(社内専門用語が飛び交うやつ)のみ)、もし、いつかどこかで、そういったチャンスに恵まれたら、やはり人前に立つ、というのはどういうことか、たとえ黒子であっても、やはり人に信頼感を与えるというのはどういうことか、このA先生の堂々とした話しぶりから、学んだような気がした。感謝。

« This is my prayer... | Main | 4月の反省会!?♪ »

Comments

あさりどんさん、こんにちは。先生をちゃんと通訳業につなげて観察なさっていいところを取り入れようという姿勢えらいですね。

私は落ちこぼれ先生で教え方もへたっぴで経験も少ししかありませんが、教えることの楽しみは誘導していく過程で子供が自分で考え悩むさまを見て、ついに自分なりの回答を見出した喜びと自信にあふれる笑顔を見ることだと思っています。その過程を一緒にたどるのは実にスリリングです。ちょっとした探検みたいです。

今は教えることからすっかり遠ざかっていますが、たまに友人宅で中学生の子供さんが宿題とかやってて横に座ってると「教えて~」と言ってきます。そこでどこでつまずいているのかな~と誘導尋問よろしく、またはクイズのヒントのように、最初はおおざっぱにだして、だんだんヒントを狭めていきます。また卑近な例を使って説明してこんがらがった糸をほどいていきます。お父さんとかお母さんとか部屋にある状況を使った例文やシチュエーションを使うととっても喜ぶのでそこで気づかせるようなワナを仕掛けたりしておくんです。(高校生を教えていたころは彼らが興味深深の異性のお友達関連やスターをバンバン例文や説明に取り入れてました)

そうして回答をだすのにとっても時間をかけてたら後ろからその子のお母さんが、それってXXじゃないってすぐ回答を言っちゃうんですよね。あ~あ~、せっかく魚の引き具合を楽しんでた釣り糸をぶちっと切られたような感じがします。世のお母様がたってこの「待ち」を気長に楽しめないんだろうな、って思ってしまいます。お忙しいのでしょうが。

ああ、また教えてみたくなりました。この春長期の通訳の仕事に備えて教えるのを断ったものの、いまだ長期の仕事は入らず…「待ち」状態です(笑)。

私のone of the worst teachersは忘れ物をすると立たせていました(笑)。
私が習った先生はそういう先生が多かったです。恥ずかしい思いをさせればもう忘れ物はしないだろうと思われたのかもしれませんが、良かった先生は「今度から気をつけるように」と言ってくれたように思います。

あさりどんさんの、先生に対する姿勢に同感です。「親の、先生に対するあからさまな不信感というのは、子供の、先生に対する態度に影響するような気がするからだ。」まさにそのとおりだと思います。

教師って、相手が子供だろうと大人だろうと「人前」でパフォーマンスをすることには変わりないですからね、そこを理解している先生はいいですよね。なおかつA先生のように、子供に対する愛情や配慮があったら素晴らしいですね。子供は敏感で繊細だから、先生のちょっとした言葉に傷ついて、先生や勉強や学校がキライになったりしかねませんから、可能性が未知数の子供たちにとってA先生のような方がたくさんいらっしゃればいいなあ、と心から思います。

imoさんって、とってもイイ先生みたい!♪

>せっかく魚の引き具合を楽しんでた釣り糸をぶちっと切られたような感じがします
そう、すみません。よくやってしまいます。子供の好奇心の芽をつんでいるのは、他でもない、親だったりして。反省。

>答を見出した喜びと自信にあふれる笑顔を見ることだと
imoさんには、教師もしくは指導者としての資質もあるのでは?とここを読んで思いました。
教えるのを断ったということは、そういうoffer もあるわけですね?素晴らしい。たしかにフリーの仕事との両立は難しそうですが。

あー、うちの下の子、見てほしいわー。(笑)ワタシが教えるとね、たいがい、うまくいかないんですよ。(笑)

ぱきしるさん、そういえば、小学生の頃、忘れ物をしました、って、首から看板を下げて(チンドン屋さんみたく)下校させられた記憶もあります。
罰則も、ある程度は効くのでしょうが、子供の性格にもよるのでしょう(何を言われてもやられても平気な子もいるでしょう)が、「やだな」っていう感覚だけが残ってしまって、
「じゃあ、どうしたらいいか」ってとこまで考えなくなってしまうと、そちらの方が問題だと思うので、その辺は、やはりもう一歩大人の方が進んで、導いてやらなければいけないかもしれませんね。自戒もこめて。

favouriteさんは、
>「人前」でパフォーマンス
する(通訳のことです)場数を踏んでらっしゃいますよね。ブログを読ませていただいて、以前、favouriteさんの「声」も素敵だとか、書いてあって、きっと、通訳に必要な「落ち着きのある」声と態度をお持ちなんだろうなーなんて、勝手に想像しております♪。声って、やっぱり大切ですよね。声の持つ雰囲気というか、表情というか。A先生もね、堂々としてらっしゃるけれど、ちっともイヤな感じはしなかったんですよ。
声・表情・内面、どれも大事ですね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75103/3898509

Listed below are links to weblogs that reference 落ち着きのある、堂々とした態度:

« This is my prayer... | Main | 4月の反省会!?♪ »

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!