My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

09-19Dec2010 一日一練

09Dec10

R: Positive News-Dec7  Roses of Peace Bloom in

Nepal

ええ話や~!さすがポジティブニュース!悲惨なつらいニュースばかりやのうて、こういう話をもっと発信してんか~、日本のメディアさん。これも今年のマイ・トップテンに入れたい。

概略:

内戦のために深刻な治安の悪化と貧困にあえぐネパール。28歳の平和運動家が、人々にバラの花を渡すというシンプルな行為で平和をもたらそうとしている。

ただ公正で平和な社会を作りたいという情熱で、Peace for Nepal という平和推進組織を立ち上げ、その中でRose Movementを始めた。紛争地域で、見知らぬ人にバラの花を渡していくというもの。バラの花の種類や色は多岐にわたる。でもどんな色でも、バラはバラ。私達がまず人間であることと同じ。人間の家族という連帯感を思い起こす。

「平和(の構築)が人生の最重要課題。僕の行動の大小は問題ではない、平和への理想が行動に反映されている限り。」

「世界を変えたり変革することができるのは、銃や戦争ではなく、バラや平和なのだということを強く感じた。」

じーんと胸に響いた表現:

“The rose is a universal symbol, like by everyone.  It appeals equally to everyone’s heart.  The exchange of roses, the shaking of hands and extending goodwill between people of different races, religions or parties in conflict, helps to create a more conducive and positive atmosphere for talks.”

“by holding a commitment to my ideals and keeping a firm belief in the law of abundance, I refused to give up because the need for peace is an issue we can ignore no longer.”

10Dec10

R: NYT-Dec8  Smelling an

Opportunity

概略:

大手メーカーが、ドライクリーニング業界に参入しチェーン店を展開!これまでのドライクリーニング店の煩わしい問題点を解決し、しかも安い!小規模店は対抗できるのか?

11Dec10

R: NYT-Dec9  On Christmas Shopping Lists, No Credit Slips

概略:

ショッピングにもうカードは使わないぞ!と決心した主婦。クレジットカードによる負債が負担になり離婚まで。スーパーなどが発行するカードは便利だが、複数のカードを使ううちにカード地獄へ。カード利用を避ける人が増えている。

感想: 身につまされるわー・・・。カードは賢く使わないと、本当にやっかいです。カードローンは絶対使っちゃダメです。カード会社の思うつぼ。気をつけましょう!

12Dec10

JE on Skype: マイケル・サンデル氏のインタビュー、実践ビジネス英会話

言い訳: この12月13日の週は仕事が忙しく、ニュースを探す暇がなかった。ので、以前いつか読もうと思って溜めておいた記事「食料不足・食糧危機・貧困問題」を取り上げる。

13Dec10

R: JT-Oct18  APEC tackles food security at

Niigata

meeting

概略:

農業の持続可能な発展と、食料入手を改善するための投資と市場機能の促進をいかに行うか。農業生産拡大による食糧増産、および農業分野への公正かつ適切な投資を促進することが重要。

14Dec10

R: Nature News-Jul28  Food: The growing problem

概略: 

世界の飢餓の問題は解決されていない。2050年までに90億人の食料をどうするかという課題がある。

貧しい人々が飢えている。一方で食物の30%が廃棄されている。

飢餓はなくなっていない。2008年の食料価格の高騰が影響。

人口増加は2050年までに頭打ちになるとみられる。将来充分な食料を生産することは可能、ただし極端に他の資源、特に水資源を奪ってしまうことになる。

森林伐採して耕作地を増やすことは生態系などに悪影響が出る。その代わり、’sustainable intensification(持続可能な耕作農業強化?)’が、多くの農業研究機関の重要課題になっている。

水・肥料・殺虫剤の利用を減らしながら、生産拡大することだ。農業研究への官による投資拡大が必須。農業研究への投資は拡大しているが、まだそのペースは遅い。

15Dec10

R: Myjoyonline.com-Oct14  How to achieve a world without poverty

タイトルに惹かれて読んだが、これも今年のマイ・トップテンに入れたいかな。常々、「どうしたら世界の貧困はなくなるのだろう?」と素朴な疑問を抱いていて考え始めても、あまりにもテーマが大きすぎて、いったいどうしたらいいのか途方に暮れることもよくある。そんな中、ガーナの例を取りあげ、世銀やIMFといった国際機関による援助がどうしたらうまく機能するのか、具体例を挙げながら、非常に現実的な視点で書かれている。こういう記事をもっと読みたいし、事実を知りたい。

概略:

制度・体制の改革は、賢く行えば、ルワンダやボツワナのように、効果が出る。重要な意義のある施策が、望ましい結果を出すにはどうしたらいいのか。

改革政府と世銀が取り組まねばならないこと3点: 第一に、アフリカ全土で情報の自由(を守る)法律への要求。第二に、市民社会が財政責任法を通過させるようプッシュし(運動を展開)、最終的には、独立した第三機関を設立して政府のプロジェクトをモニター(監視)し評価する。

16Dec10

R: IEET(Institute for Ethics and Emerging Technologies)-Nov18, 2009  Every Five Seconds

概略:

世界のどこかで、五秒毎に一人、子供が飢えのため死亡している。地球上には全人口に行き渡るだけの充分な食料があるにもかかわらず。

10億人以上の人々が飢えている。毎年、600万人の子供が飢えのために死亡している。

食料は生産されている。問題は、経済でも農業でも人口集中でもない、技術が不足しているのでもない。問題は政治なのだ。

食料はあるし、それを分配する能力もある。欠けているのは、それを実現させようという政治的意思なのだ。

5秒ごとに子供が飢えて死んでいく一方で、皮肉にも、米国などでは肥満が問題になっている。

今必要なのは、食料を増産する奇跡のような新技術ではなく、人間性なのだ。もっと共感することだ。それは技術によって与えられるものではなく、自分たちの内側を見つめることなのだ。

17Dec10

R: Reuters AlertNet-Oct15  Inequality not food shortages, fuel the food crisis

概略:

収入格差が最も厳しいのは中南米諸国。国連開発プログラムのレポートによると、政策を実行し不平等(格差)を解消し、この地域を不平等の悪循環から救い出すことは可能だという。

中でもガテマラは、この格差(不平等)が食料貧困と密接な関係にあることを示す好例だ。極端な累退税のため、最貧困層の家庭が、様々な税金を払う割合が高くなってしまうのだ。政府も税制に問題があることは認識しているようだが。

18Dec10

R: Mashable.com-Dec16  Everyone Uses E-mail, But Blogging Is On the Decline [Study]

概略および感想:

まあ、そうだろうなーと思って読みましたが、世代別に、インターネット利用の仕方の特徴が書いてあります。

若い世代ほどオンラインの世界になじんでおり、世代が上がるにつれて、インターネットの利用に世代ごとの特徴が浮かび上がります。ブログの利用者は減っており、やはりフェイスブックやツイッターがそれに取って代わったと。ただeメールは、全世代に共通して利用されている。

面白いのは、世代別に呼び名があって、

Millennials = ages 18-33;  Gen X = ages 34-45;  Younger Boomers, Older Boomers, Silent Generation, と続き、G.I. Generation = age 74+ となっているんです。なるほど~!って感じですよね。

ビジネスものの記事を読むとき、時々ターゲット顧客の話などでGen Xとか出てきますから、こういう呼び名を知っておくと役に立つかもしれませんね。

19Dec10

JE on Skype: Michael Sandel教授のインタビュー、道は開ける

一人反省会

今週は体調悪い&忙しいで、資料を探す暇がなく、以前とっていた資料を使った。素材が5ページ以上になると、読むのも雑だしまとめるのも雑になり、あまりよくない。自分の体力・気力を考えると、できるだけ、短いものの方がやりやすいことはたしか。

もともと、一日一サイトラかリテンションをやろう!と思って始めたのに、結局読んでばっかりになっている。

来週からは必ずサイトラとリテンションを入れたいと思う。

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!