My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

Feb 27, 2011

学生向けのニュースサイト

以前、国産の悩みとして、やはり、ネイティブが常識的に知っている、中学高校あたりで学ぶような内容を知らずに苦労したという話を書きました。

それを克服するために、米国の小学生向けの教科書を読んでみるとか、ヨーロッパの子供が英語を学ぶときに使う教材を読んでみるとか、自分でも涙ぐましい?あの手この手を考えては実行してみたり。

どれもあまり効果を感じないまま、相変わらず帰国子女や留学組との差を感じてはため息・・・

そんな中、久々に、「おっ、これはいけるかな?」と思ったサイトを発見したので、紹介します。

Continue reading "学生向けのニュースサイト" »

Sep 26, 2010

えいかいわ、やっぱり必要

今さら何言ってるの~、というお叱りが聞こえそうである。

そんなことに大事なお金をかけていいのか。もっと有意義な勉強の仕方があるんじゃないのか。

友人知人にも相談した。大概、えー、だってしゃべれるんだからいいんじゃないの、なんで今さら英会話???という反応が多かった。それから実際に英会話スクールなり類似のものに通った経験のある人に感想を聞いてみたが、これも大抵、「講師に当たりはずれが多い」「講師(の質・力量)によってずいぶん違う」との意見が多かった。

いろいろ考えたが、理屈よりも、直感で、「とりあえずやってみて、ダメならまた考え直せばいい」、とも思った。
マンネリ化していた自主トレに、刺激が必要だろう、との思いもあった。

Continue reading "えいかいわ、やっぱり必要" »

えいかいわ、やっぱり必要? その2

わざわざ「会話する」ために、しかもヘンな外国人(失礼、でも日本に来て外国人というだけで、いとも簡単にお金を稼いだり、女の子をハントしまくったりしてるヤカラが多いのも事実)に、汗水流して稼いだお金を出さなければならない、というのが、正直悔しいし、できれば頼りたくない。
そもそも英会話、って言葉自体ヘンでしょ。日本語会話、なんて言わないし。
日本の英会話産業は2兆円とか。うーむむ・・・どうする?

Continue reading "えいかいわ、やっぱり必要? その2" »

May 02, 2010

えいかいわってやっぱり必要?

前回、最近感じたナルトの課題を3つ挙げたが、そのうち
2.語尾をハッキリ言い切ること。
3.微妙なニュアンスを瞬時に汲み取ることができるようになること。

この二つに限っては、発話者の英語が日本語と同じくらい100%クリアに聞こえていれば、克服できる問題なのだ、ということを書いた。

Continue reading "えいかいわってやっぱり必要?" »

Apr 11, 2010

木も見て森も見る

英語でも日本語でも、言葉や表現の細部が気になり、メッセージや論旨を取るのがおろそかになるタイプ。別名、「言語(語学)オタク」タイプ。「木を見て森を見ず」症。

英語の学習→通訳修行への移行過程で、知らない単語や面白い表現に気を取られて、肝心の趣旨がわからない、そんな時代?が少し続きます。木を見て森を見ず状態というのかな。私はこの時代がかなり長く続き、苦労しました。

Continue reading "木も見て森も見る" »

Oct 10, 2009

ウデの見せどころ?

「何この日本語?」「わっけわかんないよぉ~」「なんでこんなしゃべり方するの?」

「思いつきでしゃべるなー!」「主語を言えー!」「省略するなー!」

多くの通訳初心者は心の中で叫んでいることと思います。翻訳者もそうかもしれません。原文の日本語がひどい!というぼやきは、いろんな人・仲間から聞いたことがあります。

7月のある日、練習で某インタビューを日英訳していたときのこと。

Continue reading "ウデの見せどころ?" »

Sep 21, 2009

アウトプット力の違い

なぜ、今さら英会話なのか?
アウトプット力の明らかな差異: 国産 < 帰国子女・留学組

以前NHKスペシャル脳の発達の特集の中で、乳幼児の言語習得過程を見るこんな研究実験があった。

Continue reading "アウトプット力の違い" »

Sep 07, 2009

英会話学校、個人レッスンって、どんな?

超多忙な8月が終わり、その疲れをとるために、やっとお休みをとってまず行ったのが、整体マッサージ、続けてリフレクソロジー、美容院など。たまった洗濯と掃除をやって、週末は友人とランチ&インテリアショップへ。いやぁ、おしゃべりもできたし、とにかくリフレッシュしましたぁ!昼間からワインなんか飲んで、とーっても優雅な気分に。ありがとう、mちゃん!次の日はエアロビ、バレエをやって、好奇心で初めてラテンダンスにも挑戦!?ステップ難しいしおかげで足がだるい・・・でも何も考えず、ただ体を動かして汗をかくのって、本当に気持ちいい!

で、すっかり英語やら自主練習から離れていたこともあり、脳みそは空っぽに。
おーっと、こんな状態ではまずいっ!と思いつつ、実は密かに考えていることがあって。
実は、英会話学校って行ったことなかったんですが、ちょっとのぞいてみようかしら、と思い始めている。もしくは個人レッスンを受けたい。これを言うとたいていの知人友人は口を揃えて、「行かない方がいい、行ってもきっとガッカリするよ」と。理由は、講師の質があまりよくないとか、そういうことらしいんだけど。
英会話学校や個人レッスンといっても、ピンからキリまである、ということはよくわかっているので、体験レッスンにでもいってみようか、ぐらいな感じなんですが。もしコレ読んでる人で、ここがいいとかあそこはよくないとか、オンラインで個人レッスン受けたことのある方などいらっしゃったら、何でも結構ですので、教えてくださるとうれしいかな。

ただ、昔から、英会話学校行かなくても、お金をかけなくても、話せるようになる!それは貧乏な国産ナルトの望みでもあったわけです。でもでも、じゃあどうして今さら、英会話学校へ?(いや、行くって決めたわけではなく、検討中)

ここまで書いたら、かなり目が疲れてきました。理由は次回、ということで。おやすみなさい。

May 30, 2009

バラエティー あなどるなかれ

通訳を目指している人は、ABC, CNN, NBC等のニュースを見て時事問題を熱く語ったりする人が多いと思う。もちろん、国際問題を意識するという意味でもニュースは必須だろうと思う。ただ、私は息抜きも兼ねて、気軽に楽しめるバラエティーを見ることがよくある。ブログにも書いたが、アメリカンアイドルやクイア・アイズなどなど。最近ではスタイリストのコンペをドキュメントしたスタイリスタなんていう番組もある。
もちろんドラマも時々観るが、ドラマの場合、脚本が非常によく練られているので、せりふに無駄がない。日本のドラマを思い浮かべてもらうとわかるが、「そんなこと日常生活じゃ言わないよ~」的な会話もあるわけだ。
それに比べると、バラエティーでは、かなり自然な状態の(時に生々しい)会話が聴ける。これは海外経験の超少ない私たちにはとてもありがたい。おっ!こんな言い方するんだ!って目(耳?)からウロコ。しかも字幕がついてると、その翻訳の巧さにもおぉ~!と感嘆したりする。録画した場合は、同時通訳を後から聴いて、これまたなるほどぉ~!と感心したりできる。

Thanks for having me. (インタビューの前に) 「今日はよろしく。」
gratifying 「充実感がある」
easy to be around 「側にいて気のおけない」
recapture fresh approach 「初心に返る」
disconnected 「集中力が切れる」
predictable 「ありきたりだ」
peer pressure (麻薬を吸った言い訳)「仲間意識」
educated guess 「カンだよ」 (これはドラマ「CSIマイアミ」より)
What goes around comes around. 「因果応報だ」 (これはドラマ「Numbers」より)

私がメモるのは、
1.日本語だったらこう言うよね、っていう巧い&簡潔な訳
2.逆に日英で「これは使える!」と思ったとき。
3.ただ単に、「カッコイイ!」と感じたとき。単純。

特に上記の中で「集中力が切れる」のdisconnected は使えます!アメリカ人なんかは一発でわかってくれる。もう何度も使った・・・ていうか、私は自分の下手な訳出の言い訳に使ってるだけかも・・・(苦笑)

Apr 18, 2009

国産通訳ナルトの課題

最初タイトルを、国産の課題、と書いたのですが、それじゃあ、クルマだか牛肉だか大豆なんだかってことになるので、あえて書き換えました。そう、帰国子女や両親どちらかが非日本人でバイリンガル、インターナショナルスクール出身者、留学経験者、長期駐在経験者の方々は、あまりにも自然に身につけているがゆえに、気がつかない国産通訳特有の課題をお伝えします。まあ、私の個人的な悩みを、どうやって克服していったらいいか、ということにもつながると思います。ですから帰国子女や留学経験者、上記該当者の方々、スキップしてください。

たくさんあるのですが、まず初回は(って、何回続けられるかわかりませんが、一応カテゴリー作ったんで)、
☆ネイティブの小・中学生・高校生なら当然知っている単語・言い回しを知っているか、言えるか?☆です。

通訳だったら業界の専門用語を事前にたたき込んで、それこそ現場で日本人とネイティブに現物を見ながら教えてもらいつつ、その専門用語をものにしていく、と思うでしょ?もちろんそうなんですが、国産の場合、それ以前の問題があります。
たとえば、
「対角線」とか、「台形」って言葉が出てきて、パッと英語で対訳出てきます?
「千鳥格子」は?
「xx札(ふだ)」は?
「表面がケバだつ」の「ケバ」は?

これ、別に専門用語ではないですよね。専門用語をたたき込む前に、国産通訳がやらなければいけないこと、それは、ネイティヴの小中学生が学校の算数や理科や社会で習う語彙を入れておくことだと思います。そんなの当たり前じゃない、と思われますか?でもこれは意外に落とし穴です。
ナルトこと私は、18歳になるまでガイジンのガの字にも会わないようなド田舎で育ち、初めて会った外国人は、大学の英会話、英作文の講師の米国人でした。小中高の基礎教育は全て日本語で入っています。だからものすごく基本的な単語の英語を知らなかくて、アセったりする。

次男が中学にあがってから、一緒にラジオの基礎英語1や2を聴いているのですが、遊園地にある「観覧車」って言葉が出てきたんですが、なんていうか知ってます?私はこの年になって初めて知りましたよ。

対策としては、
1.都度、辞書を引いてたしかめる (当たり前すぎますかね?でも積み上げですから)
2.向こうの小学生向けの教科書を読む、ティーン向けの雑誌などを見てみる
3.アニメを日・英で見る(最近は時間がなく見ていませんが、昔はセサミストリートやディズニーのアニメなど子供と一緒に見てました。単純で効果的な言い回しが参考になります。)

よく、ボキャビルの方法として、新聞・タイムなどの雑誌に特化したボキャビルブックや時事英語単語本で勉強してる方も多いと思うのですが、それと平行して、小中学生レベルの単語を入れておくことも必要かと。それもあまりマニアックでない、ごく普通の言葉。
もちろん私自身、まだまだ覚えてないというか、とっさに言い換えられない言葉は多く、冷や汗をかくこともしばしばです。それから、自分のアタマに音での入力がない単語は、聞いたときにもピンとこないので、見れば知っている単語でも気がつかないことがあります。英語のimmersion/exposure の量が圧倒的に少ない国産にとっては、もう永遠の課題かもしれません。

話はちょっとそれますが、「ガーゼ」は、英語ではgauze なんですが、これもその場で調べて発音記号通りに言ったのですが、ノンネイティブには通じなかった。結局、'thin cloth' でわかってもらえたみたいです。やさしい言葉をさらにやさしい言葉で置き換える、こんなことも時には必要です。

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!