My Photo

お知らせ

  • Fill your heart with joy, warmth, & love.
    2013年、新たな展開。なんとフリー、またの名をプーになったってばよ。稼働率はまだ低いけれど、いろんな業界・仕事を経験できて、いろんな人と出会えるのはこれはこれで楽しいかも。
  • Beauty exists in every moment. Miracles come to us so gracefully​.
    奇跡ともいえる出会い、セレンディピティー。 今まであった人、友人、仲間、家族、全てに感謝!そして、これから先、未来の出会いにも感謝!!
  • Let's look at the sunny side of everything.
    希望の光を信じ探し見つめて、光の射す方へ歩いていきたいと思います。
  • 跳ぶんだってばよ!
    2011年、某企業で通翻訳中。あれこれ障害はあれど、相変わらずあきらめが悪いナルト、クールな忍び目指して、食べて祈って修行中。今年は飛躍か、はたまた昼寝か?

Words of Wisdom

  • It's always nice to be given credit for something.
    何かについて感謝されるというのはどんなときでもいいものだ。 別にそれを求めて仕事や家事をしているわけではないけれど、たまに感謝されると、とても嬉しいものです。そうすると、自分も他の人に対して、どんな小さな事でも感謝したくなり、それをまた表現したくなります。
  • 人は退路を断って はじめて輝きを増す
    退路を断つ。いろんな含みがあって、潔い言葉です。でも、そこでくすんでしまうのではなく、ひときわ輝きを増す、というところに惹かれました。
  • It's no time for complacency.
    安心[自己満足]している時ではない。 cautioning against a lax attitude. We should avoid this complacency.
  • motivation と bathing の共通点って、なんだ?
    "People often say that motivation doesn't last. Well, neither does bathing - that's why we recommend it daily." Zig Ziglar
  • Obstacles can't stop you.
    Problems can't stop you. Most of all other people can't stop you. Only you can stop you. Jeffrey Gitomer

  • Every adversity, every failure, every heartache carries with it the seed of an equal or greater benefit. Napoleon Hill
  • In times of great stress or adversity,
    it's always best to keep busy, to plow your anger and your energy into something positive. Lee Iacocca
  • Four 'L's (quote, unquote):
    "Live well, Learn plenty, Laugh often, Love much."
  • Remember:
    "Whatever happens to you, you have to keep a slightly comic attitude."
  • Message by someone:
    "Goals help focus you on areas in both your personal and professional life that are important and meaningful, rather than being guided by what other people want you to be, do, or accomplish."
無料ブログはココログ

01-08Dec2010 一日一練

01Dec10 

R x2: NYT-Nov29  Where Anonymity Breeds Contempt

 NYTでよく読まれている記事のトップ10に入っていて、タイトルを見て読むのを即決。こういう良識あるエッセイが多く読まれているというのは、少し安心。日頃「そうだよなー」と思っていたことを丁寧に書いてくれたので、11月に見つけた記事の中ではワタシ的にもトップ5に入れたい。

概略: 

匿名での発言によって、ネット上では誹謗中傷・皮肉・非難・攻撃的なコメントが飛び交っている。‘サイバー脱抑制’といって、オンライン社会では、普通の人が人格が変わったかのように、現実社会ではしないような非倫理的・攻撃的な行動・態度を取ってしまう。プラトンの言うとおり、全てが公開された状況においてこそ、道徳心は芽生える。自らの行動に責任をもたなくていいのであれば、人は皆、不当な行動を取るだろう。
しかし匿名コメントを全面的に拒否或いは規制すると、表現の自由を侵すことにもなるし、もっと多くの普通の良識ある人々の意見が反映されなくなる。ネット上の暴力や悪質な振る舞いに対抗する措置や投稿方法等も考えられている。公開責任を持たせて悪質な行為・発言を抑制し、匿名コメントに規制をかけ、サイトへの品質を改善し、ユーザーには悪質な投稿者を告発してもらう。少しずつ匿名という隠れみのを剥いでいけば、誹謗中傷の正体は、モンスターなどではなく、我々自身の本質、人間なのだということがわかるだろう。

Summary in English:

Trolling, defined as the act of posting inflammatory, derogatory or provocative messages in public forums, is a problem as old as the Internet itself.  Anonymity increases unethical behavior.  People – even ordinary, good people – often change their behavior in radical ways, which is called the online disinhibition effect.  As Plato argues, morality comes from full disclosure; without accountability for our actions we would all behave unjustly. 

However, denying Internet users the ability to post anonymously is a breach of their privacy and freedom of expression.

Many forums and online communities are looking for ways or systems to strike back.  Let’s start to rein in bad behavior by promoting accountability, stop allowing anonymous comments, improve the quality of engagement on website, and ask users to report trolls and call them out.

In slowly lifting the veil of anonymity, we can see the troll as s monster, but as what we all really are: human.

そうは言っても、私などは小心者ですから、やはりネット上で素性を明かすことに対する怖さもあります。以前、実名を明かして、ウエブ上で非難・中傷を書かれたプロの通訳者の方もいました。現実社会で日々もまれているから、ネットで気持ちを吐き出しているような部分もありますし。難しいところです。でも少なくとも、ペンネームや偽名で、他人のあら探しばかりして、誹謗中傷することだけは、しないと思います。自分がやられて嫌だと思うことは、ネット上であれしたくないです。いいことは匿名で発言行動し、批判をするのなら実名で正々堂々と、です。

02Dec10 

R: Eco-Nov25  How do you solve a problem like

Korea

? 
Only by persuading

China

that it’s in its own interest to rein in the Kims

 タイトルに惹かれて読んでみたが、内容は、やはりよく言われる「西洋人から見た考え方」。中国に何とかしてほしい!気持ちが出ている。近々の朝鮮半島緊張に関する評論では、前々回アップしたNYTAsking China to Act Like US の方が、洞察が深い感じがする。

概略:

戦争(脅威)という選択肢しかないとしたら、世界はいったいどうしたらいいのか?北朝鮮への対応について各国で意見調整し溝を埋めるのが最善の手立てだろう。それはつまり、中国に、この一触即発の危険(な国)が、驚くほど恐ろしく不利益になっていると「わからせる」ことである。中国は、キム氏の野蛮な行動を黙って見過ごすわけにはいかない。しかし中国には二つの懸念事項がある。一つは朝鮮半島の戦争が再び起きたら、中国にとってもダメージとなるだろう。もう一つは、北朝鮮が崩壊すると、数百万人の難民が中国側に押し寄せてくるかもしれない。そして韓国・米国の軍隊が国境に駐留するようになるかもしれない。

しかし、このケンカをふっかけて戦争を外交手段にする北朝鮮のやり方は、結局のところ、中国が望んでいる地域の安定を脅かしているのだ。中国にとって、北朝鮮との同盟は、世界の大国としてのイメージを損なうばかりか、自国の利益をも傷つけてしまう。

解決策の可能性として、中国主催による6カ国協議の再開がある。もし各国が中国に北朝鮮を抑えるよう説得できれば、さらによい。

03Dec10 

R: Eco-Dec2  The dangers of a rising China 
China and

America

are bound to be rivals, but they do not have to be antagonists

概略: (7ページもあったので、読むのもサマるのも一苦労()

中国は、武力に頼ることなくトップの座に着くことができるか否か? 理性的な中国は時に攻撃的な中国へと豹変する。

米中はこれまでのところ、うまくやってきた。中国が経済成長に専心している間、米国はテロ対策やイラク・アフガン戦争に力を注いだ。しかし両国は互いを信頼しているわけではない。

この2大国の良い社会に対するビジョンはかなり違うのだ、という悲観的な見方もある。

米中は、ライバルではあるが、だからといって必ず敵対しなければならないということはない。米ソ冷戦時代と違って、今やイデオロギーの対立ではない。植民地を開拓するのでもない。
実際米中は、共通点も多々ある。両国ともグローバル化と自由市場の恩恵を受けており、原材料を買い、製品を売っている。両国とも世界の安定を望んでおり、核兵器がイランや北などのならず者国家へ拡散するのを好ましく思っていない。

中国を敵対視すれば、敵国になってしまう。口論や非難の応酬は米中関係の悪化につながり、中国は一層武力を増強する。解決策としては、米国が、軍事上のライバルにはならないことだ。

過去の歴史から、超大国の共存は可能だ。ただそれは、世界が脅威にさらされないこと。軍備増強は、信頼構築と同伴するものである。

アジアで信頼を構築する方法はある。誤解や口論が飛び火しないようにすることだ。中国は軍事力を公開する、米中はルール作りをする、アジアは海域でのあらゆる衝突を防ぐための議論をする。

米中は他国的な枠組みで取り組むべきだろう。アジア諸国はもっと、医療・環境保護・著作権侵害対策・テロ対策等安全保障以外の分野でも信頼構築で協力できるだろう。

そして米国は、中国に、ルールに準拠した秩序に従ってほしいのなら、米国自身もそのルールに従うよう筋を通すべきだ。米国がルールを破るたびに、例えば保護主義などがいい例だが、中国側の疑念を生み、自身が求めている秩序を壊していることになるのだ。

この二つの大国は、20世紀の世界が悲惨な経験をしたことを知っている。21世紀に同じ轍を踏まないようにできるかは、両国にかかっている。

長すぎる!もうちょっと短くしたいが。

04Dec10 

R: CNN-Jun30’07  Beauty over 40: Five things they didn’t tell you  from Oprah

感想:

タイトルに惹かれて読みましたが、ちょっと笑えて、ちょっと身につまされる。年をとるといろんな変化が出てくるのは、今その入り口に立っている身としては、受け入れるべき事実なんでしょう。顔のうぶ毛が濃くなった場合のファンデの塗り方とか、結構笑えます。アメリカンだなあと思ったのは、手術で何とかできるとか、眉毛に毛を移植するとか、しわやシミがレーザーで処理できるとか、お金で解決できるものはしよう、みたいなところ。私には無理なので、(手術の失敗リスクというのも怖いし)、レチノールがいいとか、AHAモイスチャライザーがいいらしいとか、そういう日本の美容業界でも謳っていそうなことは参考にできますかね。でもやはり歯磨きをきちんとするとか、食生活をきちんとして体重管理をするとか、日焼けをしすぎないとか、そういうくだりを読むと、なーんだ、おんなじか、と。

個人的には、あまり小手先の方法にとらわれるよりも、40代、50代になると、もっと全体的なバランスや、食生活、精神的な生き方などが、ぜーんぶ顔や体に現れるような気がするので、そっちの方で気をつけるようにしたいと思います。

05Dec10 

JE on Skype interviews x2: Blue Ocean Strategy; Michael Sandel

06Dec10 

R: NYT-Dec4  The Big American Leak  by Thomas L. Friedman

概略: (ちょっと難しいので、本当に大意です)

今回のウィキリークスによる機密文書流出は何を意味するのか。

米国は中東において影響力を失っている。石油に依存しすぎているからだ。地政学は、つまりは影響力が全てである。これほど石油に依存していなければ、サウジとの対話がもっと違ったものになったのではないのか?中国が9千億ドルもの米国債を保有していなければ、違う対話ができたのではないか? 50年前と異なり、米国は着実にその勢力(影響力)を失っているが、それは中東の石油と中国のcreditという双子の依存(平たく言えば負い目)があるからだ。もちろん、石油とcredit依存を断ち切るだけで、全ての問題が解決することはないだろうが、せめてもう少し影響力を行使できるのではないか。

今日の表現: 

eat crow〈米話〉やむを得ず[仕方なく・断ることができず]嫌なことをする、屈辱を味わう; やむを得ず誤り[ミス・間違い]を認める

When you make a mistake, make amends immediately. It's easier to eat crow while it's still warm.

自分の間違いに気付いたときはすぐに修正しなさい。早く行うほど被害は少なくて済む。(アルク英辞郎)

We have been steadily losing that leverage because of our twin addictions to Middle East oil and Chinese credit – and the WikiLeaks show just what crow we have to eat because of that. 

07Dec10 

R: BW-Dec6  Flextronics, Siemens Lead ‘Big Shift’ to Cloud Computing

 今流行の?クラウド・コンピューティングについて。時々こういうIT関連の記事も読みます。ただ訳すとなると、難しい!です。まずは自分が、そのIT技術の背景や事実関係を、きちんと理解できているか、そこから確認しなければならないからです。

概略: [クラウドについて知識が豊富な方、間違っていたらご指摘ください。お願いします。]

人事関連の処理を、社内のソフトやハードを使うよりも、外部業者に委託する方が、数百万ドルのコスト削減につながる。最近、インターネット上でソフトやサービスを提供する会社に、社内業務を委託する経営者が増えている。ただし、「クラウドの利点をフルに活用するためには、ある程度のリスクは覚悟しなければならない。」

クラウドサービスの世界市場は、2009年の586億ドルから、2014年には1488億ドルに成長すると見込まれる。20年ぶりの大きな変化だ。今後5年で、ネット上でサービス型ソフトウェアや類似サービスへの投資は増大するだろう。昨今の不況で、企業が経費を削減する方法を探さざるをえない状況で、クラウドサービスの需要はうなぎのぼりだ。

クラウドサービスは、企業にハードやソフトを貸し出す。業者が自身のデータセンターで、アップグレードという大仕事を行い、顧客企業は、毎月賃貸料を払うしくみ。「サービス型ソフトウェア」という概念は10年前に生まれたが、現在では選択肢が広がり、コラボ・アプリも出ている。コスト削減できるのが大きな魅力だ。サービス型ソフトを提供するのは新興企業が多いが、大手のソフト会社も巻き返しを図ろうとしている。クラウドにはセキュリティと信頼性というリスクはついてまわるので、そういった新興企業より実績のある大手企業に業務委託するという経営陣もいる。

将来的には、何もかもクラウドに任せるのではなく、いろんな要素がブレンドされたような環境になるだろう。顧客は、ある自社ソフトを所有し、あるソフトは借り、そしてデバイス上にソフトがある、といったように。

 サービス型ソフトウェアを提供する小企業は大企業に比べて競争力がある。20年前に大手企業が提供した大型のソフトシステムは、導入当初は価値があったが、今ではちょっとした頭痛の種になっている。顧客が望むものを把握して提供できなければ、どんなにスピードを誇った素晴らしいシステムでも結局は足を引っ張ってしまうからだ。

ひと言: もっと短くサマリたいんですが、できないのは、なぜか訳しちゃってるからですね、ところどころ。もっと情報処理の速度を上げて、サクサクッとサマれるようになりたいもんです。じゃないと時間がかかってしょうがない。

字数制限か時間制限を設けるか。字数はカウントするのがめんどくさいしなあ。

08Dec10 

R: NYT-Dec4  Tracing the Spark of Creative Problem-Solving

 昔から私は、クリエイティヴな仕事をする人の頭の働きとか、柔軟性のある発想の豊かさなんかに憧れていました(自分にはないからだと思います)。大学入試でただ点を取るのが得意、というのではないアタマのよさというか。

昔クイズダービーという番組(なつかしい!?)に出て、「なんでわかるのー?」って驚嘆するほどの正答率で宇宙人とまで呼ばれていたはらたいらさん(本業は漫画家)や、やはり昔マジカルクイズ(だったか?タイトル忘れましたが日テレのクイズ番組)の初期の頃出ていた所ジョージさん(タレント)なんかは、もうかーるく難問をクリアし、推理ドラマなどでも一人正答していて、脱帽もののアタマのいい人だなーと思った覚えがあります。共通するのは、発想が柔軟で豊かで、ひらめくのが早いところ。平成教育委員会でいつも優等生になるロザンの宇治原君も京大卒ということでやはり学力的な頭はいいですが、上記二人のような発想力や柔軟性はあるのか、あの番組(平成教育委員会)ではわからない。同じ土俵のクイズ番組でこの3人を競わせたらどうなるんだろう?と思いますね。

 非常に興味深い記事です。今年のマイ・トップ10に入れたいかな。

概略: 

パズルを解くときの直感的なひらめきは、問題解決にも有効か。実験によって、ワードパズルを解くときに得られる突然のひらめき(直感)は、ユーモア、もしくはポジティブな気分の時に現れる、という結果が。ユーモアやプラスの気分は脳の閾値を下げて、関係性の弱いもしくは遠くにある要素をとらえることができるという。洞察力、理解の飛躍は、単調な分析をしなくても突然現れる。

ただ、研究者達の間でも、洞察力と分析力の定義については議論があり、両者はコインの表裏の関係だという研究者もいる。

いずれにせよ、クリエイティブな問題解決には、通常、分析と突然ひらめく型から出た(型破りな)洞察力が必要である。

準備段階でポジティブな気分と相関関係がある脳の活動を示す人は、パズルを解く時に、試行錯誤するよりも突然のひらめきで解くことが多いことがわかった。ひらめきによる解決の場合、脳の注意力が広がり、結果distraction や関係性の弱いものへももっとオープンになるようだ。このresting state(休んでいるときの状態?)が、後の問題解決方法を決める、個人差はあるものも。

面白いビデオを見た後の方が、つまらないビデオを見た後よりも、ひらめきでパズルを解く生徒が多かったという。

拡散した(散漫な)脳の状態は、知的であるだけでなく、言葉や概念のゆるい結びつき(関係性)にオープンな状態なのだ。ポジティブな気分の人の視覚野は、背景の詳細をとらえていた。

ポジティブな気分とクリエイティブな問題解決との関係は、多くの実験結果が証明している。ポジティブな気分は、視覚的にも認知的にも広く拡散的でかつ注意を向けることができる状態と関係がある。より広い視野で物事を考えているときというのは、文字通り、多くのものを見ているのだ。

気が散漫な状態の脳の方がよりひらめく、というのはまだ研究段階だ。ただ、パズルを解くことで、脳が外の世界に存在する様々な問題の迷宮をナビゲートするのを助けてくれるかもしれない。浮き浮きしたオープンマインドが大切。

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

January 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

読んでみて・・・コレよかった!

Special Thanks to:

Recent Trackbacks

アマゾン


  • サーチ:
    キーワード:
    Amazon.co.jpアソシエイト

  • Amazon.co.jpへようこそ!